遺伝子治療のすべて » 遺伝子治療以外のその他のがん治療とは

遺伝子治療以外のその他のがん治療とは

このページでは遺伝子治療以外の免疫療法をはじめとするその他のがん治療について解説しています。

薬物療法

がんの三大治療のひとつに挙げられる薬物療法。薬物を体内に入れてがん細胞の増殖を抑えたり、攻撃して破壊し治療することを薬物療法と言います。がん治療の種類や長所・短所など解説しています。

放射線治療

放射線治療とは、がん細胞に放射線を当てて遺伝子を傷つけ、増殖する能力をなくしたり、アポトーシス(自死)に導く療法です。その放射線治療のメリットやデメリット、副作用についてまとめています。

手術療法

がんの三大治療である手術療法(外科的療法)は、ステージ1やステージ2の第一選択肢にあがるケースが多く、早期がんに適した治療法です。手術療法のメリットやデメリット、副作用についてはこちら。

免疫療法

近年注目されているがんの免疫療法は、自分の免疫のしくみを利用した治療法です。「NK細胞」や「免疫チェックポイント阻害薬」をはじめ、さまざまな免疫療法をまとめています。

陽子線・重粒子線療法

放射線治療のひとつが粒子線で、陽子線や重粒子線療法があげられます。従来の放射線治療よりもピンポイントで治療できることから、全身への影響が少ない治療法です。

温熱療法

日本で1980年代から使用されている温熱療法。体の一部を温めるという負担の少ない治療法です。そんな温熱療法のメリットやデメリットをまとめています。

遺伝子治療を行う
クリニック一覧を見る