遺伝子治療のすべて » 遺伝子治療以外のその他のがん治療とは » 免疫療法

免疫療法

がん免疫療法とは

がんの三大治療に挙げられる「手術療法」、「薬物療法」、「放射線治療」とは別に、近年「第4のがん治療」として注目されているのが「がん免疫療法」です。

「がん免疫療法」とは、体内に自己以外の異物が侵入したときに、排除するために生まれながらに備わっている「免疫」の能力を高め、がんを攻撃する治療法を言います。免疫機構の研究が近年飛躍し、次々に新たな治療法が登場しています。

サイトカイン療法

「サイトカイン療法」とは、がん免疫療法の一つで組み換え技術などを用いて製造されたサイトカインを用いてがんを治療する方法です。そもそもサイトカインとは細胞から放出され、さまざまな細胞間の相互作用を媒介するタンパク質です。

NK細胞療法

NK細胞は、がん細胞を攻撃するリンパ球の一種です。常に体内を巡回し、がん細胞やウイルスに感染した細胞などへ初期の攻撃を行います。この免疫細胞の1つであるNK細胞を患者の体から取り出し活性化してから患者様の体内に戻すことで、がんをより効果的に攻撃する治療法です。

免疫細胞の機構には「自然免疫」と「獲得免疫」に分かれ、NK細胞は「自然免疫」に含まれます。「自然免疫」が先にがん細胞などを攻撃し、その後少し遅れて「獲得免疫」が攻撃を行います。

DCワクチン療法

DCワクチン療法は「樹状細胞」の働きを利用したがんワクチン療法です。樹状細胞は体内に入ってきた異物の情報をNK細胞などのリンパ球に伝えることで、がん細胞を攻撃する治療法になります。

光免疫療法

がん細胞に特異的に取り込まれる抗体薬と近赤外線を使用して、がん細胞を撃退させる治療法です。

特定の波長に反応する光感作物質を、がん細胞に特異的に取り込まれる抗体やリポソームなどと一緒に投与し、がん細胞の局所に光感作物質特有の波長(光)をあてることで化学反応を起こし、がん細胞を死滅に導きます。

体内の免疫細胞ががん細胞から出た抗原を認識することで反応し、2次的に免疫細胞ががん細胞を死滅に導く効果もあります。

免疫チェックポイント阻害剤

免疫細胞は病原体やがん細胞と戦う役目を果たしています。しかし、免疫が高まり過ぎると健康な自己細胞を攻撃してしまいます。

通常、体内では「チェックポイント」と呼ばれる機構で免疫細胞が過剰反応することにブレーキをかけることで免疫のバランスを維持しています。このブレーキ機構に悪さをするがん細胞を阻止するのが、「免疫チェックポイント阻害剤」です。

がん免疫療法の対象となる症例

がん免疫療法は一部を除いて大部分のがん細胞が治療の対象となります。HIV(ヒトパピローマウイルス)抗体陽性の方や臓器・骨髄移植を受けられた方はがん免疫療法を受けることができません。

また、一部の白血病やT細胞型悪性リンパ腫の方やHTLV-1抗体陽性の方は樹状細胞(DC)ワクチン治療のみ受けることができます。

がん免疫療法のメリット・デメリット

がん免疫療法のメリット

がん免疫療法のメリットは次のようなものが挙げられます。

  1. 他の治療法と併用する場合は患者の免疫力を底上げすることが期待できます。

がん免疫療法のデメリット

がん免疫療法のデメリットは次のようなものが挙げられます。

  1. これまでの治療法とは異なる機能を示すことから、副作用がいつ生じるか予測がつかない治療法でもあります。
  2. 免疫細胞を強化しても効果がでるまで時間がかかり、それだけ費用がかさんでしまうことです。

がん免疫療法の副作用

がん免疫療法は副作用が少ないというのがメリットですが、それでも個人差があるので、副作用が治療直後から数週間に起こる可能性もあります。免疫は、特定の場所のみで働くものではないので、全身のあらゆる部位で副作用が起こるかもしれないことに注意する必要があります。

がん免疫療法の費用

がん免疫療法は近年注目されている治療法ですが、まだ効果が証明されていない薬もあります。治療の多くが自由診療となり健康保険適用外のために高額費用となるのです。1回あたりの基本料金は20万円前後となり、複数回繰り返すことになるので総額で100万円以上にもなります。

がん免疫療法の効果を高めるのは

医療法人社団紀隆会りんくうメディカルクリニックの小村泰雄院長の見解をまとめています。

小村先生

小村泰雄院長

引用元:りんくうメディカルクリニック公式HP(https://rinku-medical-clinic.com/about/)

標準療法や遺伝子治療との相性が良い

がん免疫療法は、自分の体に備わっている免疫の仕組みを利用する方法です。免疫の底上げが期待できるので、標準療法(手術・抗がん剤・放射線)の効果増の可能性が高まります。
遺伝子治療との組み合わせも相乗効果が見込め、再発予防だけでなく、抗がん剤が働きづらい再発性のがんにも影響します。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニックの紹介

医療法人社団紀隆会りんくうメディカルクリニックは、がんの早期発見・予防・再発防止・治療に取り組む統合医療を提供しています。

遺伝子治療の種類
  • 遺伝子治療
  • 光がん免疫療法
  • NK細胞療法
  • 遺伝子予防(点滴)
  • がん遺伝子検査
遺伝子治療の種類
  • TEL:0724-24-0024
  • 所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-41 メディカルりんくうポート2F
  • アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」より徒歩約5分

公式HPで治療の詳細を見る

遺伝子治療研究会に所属する他のクリニック

リバーシティクリニック東京

南川先生

南川里抄院長

引用元:リバーシティクリニック東京公式HP(https://rivercity-clinic.jp/dr/)

リバーシティクリニック東京について

公式HPで治療の詳細を見る

リバーシティクリニック東京は予防医療にも力を入れており、予防医療の観点からがん治療・点滴療法・各種検査を取り扱う統合医療センターを設置しています。

TEL:
03-6219-7771、0120-474-770
所在地:
東京都中央区佃1-11-8 リバーシティ21 ピアウエストスクエア2F
アクセス:
東京メトロ有楽町線・大江戸線「月島駅」より徒歩7分