遺伝子治療のすべて » 遺伝子治療以外のその他のがん治療とは » 薬物療法

薬物療法

がんの薬物療法とは

がんの「薬物療法」はがん治療を目的に使用される他に、がん細胞の増殖を抑えたり、がんによる身体症状を緩和するために行われます。薬物療法には三大治療の一つである「化学療法」の他に、「ホルモン療法」と「分子標的療法」などがあります。がんの治療では薬物療法単独で行う以外にも、手術や放射線治療と併用されるケースがあります。

がんの薬物療法の種類

薬物療法は主に3種類あります。「化学療法」は、細胞増殖の仕組みの一部を阻害する療法です。「ホルモン療法」は、ホルモンの分泌や働きを抑えることで、ホルモンを利用して増殖するがん細胞をアタックします。「分子標的薬」は、分子レベルでがん細胞の特徴を捉えピンポイントで狙って攻撃するものです。

がんの薬物療法のメリット・デメリット

がんの薬物療法のメリット

薬物療法のメリットは次のようなものが挙げられます。

  1. 抗がん剤が全身のがん細胞に働きかけることによって、目視では確認できない小さながん細胞や、1つの臓器ではなく広範囲に広がっているがん細胞に効果を及ぼすので、転移を含む再発予防を期待することができます。
  2. 局所部位への手術や放射線治療と併用することで、より治療効果をあげることが可能になります。
  3. 抗がん剤治療は、吐き気や食欲不振を引き起こす副作用が低減された薬が開発されたことによって、通院しながらの治療が可能になりました。

がんの薬物療法のデメリット

薬物療法のデメリットは次のようなものが挙げられます。

  1. 抗がん剤治療は手術や放射線治療のように短期集中型ではなく、長期に渡って治療を行います。そのためがん細胞に対して抗がん剤治療の効果が薄くなってしまうことがあったり、耐性ができ次回の治療が難しくなることがあります。
  2. 副作用を低減する薬剤が開発されているとはいえ、副作用が全く起こらないわけではありません。
  3. 広範囲のがん細胞を攻撃することができる反面、正常な細胞ががん化してしまう可能性があります。

がんの薬物療法の副作用

抗がん剤の副作用には、治療直後に起きるアレルギー反応や、徐々に吐き気・食欲不振・下痢・脱毛などの症状がみられます。

抗がん剤以外にも最近開発されできた分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬剤は特異的に反応すると言われていますが、副作用が全く起きないわけではありません。従来の抗がん剤ではみられなかった副作用が起こる可能性もあるのです。

がんの薬物療法の費用

抗がん剤は100種類以上にものぼり、投与の方法は点滴等で投与する場合と、口から投与する場合の2種類があります。国内未承認の抗がん剤は保険適用外となるので、1ヶ月で100万円以上の高額になることもあるのです。

最近注目されている分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤の多くは健康保険適用外の治療となり、1回20~30万円ほどを数回から数十回繰り返すことになるケースもあります。

薬物療法の効果を高めるには?

りんくうメディカルクリニックの小村泰雄院長の見解をまとめています。

小村先生

小村泰雄院長

引用元:りんくうメディカルクリニック公式HP(https://rinku-medical-clinic.com/about/)

遺伝子治療が抗がん剤の効果向上に寄与

進行がんに対して、抗がん剤だけでアプローチするのは現在の医療では難しい部分もあります。ただし、組み合わせ次第で状況は変わります。抗がん剤の効果を上げるという報告が多数あるのが、遺伝子治療です。
遺伝子治療は、がん抑制遺伝子を注入して本来の機能を取り戻すという方法で、体への負担が少なく、副作用リスクが低いことがメリットです。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニックの紹介

りんくうメディカルクリニックは、がんの早期発見・予防・再発防止・治療に取り組む統合医療を提供しています。

遺伝子治療の種類
  • 遺伝子治療
  • 光がん免疫療法
  • NK細胞療法
  • 遺伝子予防(点滴)
  • がん遺伝子検査
遺伝子治療の種類
  • TEL:0724-24-0024
  • 所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-41 メディカルりんくうポート2F
  • アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」より徒歩約5分

公式HPで治療の詳細を見る

遺伝子治療研究会に所属する他のクリニック

リバーシティクリニック東京

南川先生

南川里抄院長

引用元:リバーシティクリニック東京公式HP(https://rivercity-clinic.jp/dr/)

リバーシティクリニック東京について

公式HPで治療の詳細を見る

リバーシティクリニック東京は予防医療にも力を入れており、予防医療の観点からがん治療・点滴療法・各種検査を取り扱う統合医療センターを設置しています。

TEL:
03-6219-7771、0120-474-770
所在地:
東京都中央区佃1-11-8 リバーシティ21 ピアウエストスクエア2F
アクセス:
東京メトロ有楽町線・大江戸線「月島駅」より徒歩7分