遺伝子治療のすべて » 遺伝子治療以外のその他のがん治療とは » 手術療法

手術療法

がんの手術療法とは

手術療法とは、がんの三大治療の一つにあげられる、一般的ながんの治療法になります。手術療法は、がん細胞の病巣を取り除く治療法です。

がんの手術療法のメリット・デメリット

がんの手術療法のメリット

手術療法のメリットは次のようなものが挙げられます。

  1. 腫瘍を完全に取り除くことができれば、ほぼ100%のがん細胞をなくすことが可能です。
  2. がんのステージが手術療法に適している場合には、完治の可能性がもっとも高い治療方法となります。
  3. 放射線治療や抗がん剤治療と比較すると副作用が少ないです。

がんの手術療法のデメリット

手術療法のデメリットは次のようなものが挙げられます。

  1. 手術療法では体にメスを入れるので、出血や感染症、血栓症などの恐れがあります。
  2. 病巣の周りの正常な組織も切除するため、臓器機能が低下する可能性があります。
  3. 病巣と離れた部位に転移した場合には対応が困難です。
  4. 傷の治癒と全身の回復までに時間がかかります。

がんの手術療法の副作用

がんの手術療法のデメリットでも述べたように、手術によって傷がつくことによって、体が異常に反応してしまい、臓器機能の低下などが起こる可能性があります。

がんの手術療法の費用

手術療法の費用は、手術の方法や部位によってさまざまであり、一概には言えません。例えば胃がんの場合であれば、保険適用前で30~100万円を超える高額になることもあります。

外科手術の効果を高めるのは?

りんくうメディカルクリニックの小村泰雄院長の見解をまとめています。

小村先生

小村泰雄院長

引用元:りんくうメディカルクリニック公式HP(https://rinku-medical-clinic.com/about/)

遺伝子治療で負担を事前に軽減

手術を受けると免疫力が下がりますが、起こりうるのは手術時に発見できなかった微小のがん細胞が活動し始め、転移・再発につながるケースです。
免疫力を大きく落とさずにがんと闘う方法が、遺伝子治療と手術を組み合わせることです。再発防止に繋がるとともに、手術前に遺伝子治療を受けることで腫瘍を縮小し、手術の負担を軽減することも可能です。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニックの紹介

りんくうメディカルクリニックは、がんの早期発見・予防・再発防止・治療に取り組む統合医療を提供しています。

遺伝子治療の種類
  • 遺伝子治療
  • 光がん免疫療法
  • NK細胞療法
  • 遺伝子予防(点滴)
  • がん遺伝子検査
遺伝子治療の種類
  • TEL:0724-24-0024
  • 所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-41 メディカルりんくうポート2F
  • アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」より徒歩約5分

公式HPで治療の詳細を見る

遺伝子治療研究会に所属する他のクリニック

リバーシティクリニック東京

南川先生

南川里抄院長

引用元:リバーシティクリニック東京公式HP(https://rivercity-clinic.jp/dr/)

リバーシティクリニック東京について

公式HPで治療の詳細を見る

リバーシティクリニック東京は予防医療にも力を入れており、予防医療の観点からがん治療・点滴療法・各種検査を取り扱う統合医療センターを設置しています。

TEL:
03-6219-7771、0120-474-770
所在地:
東京都中央区佃1-11-8 リバーシティ21 ピアウエストスクエア2F
アクセス:
東京メトロ有楽町線・大江戸線「月島駅」より徒歩7分