遺伝子治療のすべて » 遺伝子治療以外のその他のがん治療とは » 放射線治療

放射線治療

がんの放射線治療とは

放射線治療は、がんの三大治療の一つです。手術や薬物療法と併用して実施されることもあれば、放射線治療のみ行われる場合もあります。

放射線治療は、手術と同様で狭い範囲に対する治療に効果的です。放射線治療に使用される種類は、電子線、陽子線、重粒子線などが使われます。体外から放射線をあてる手法が一般的です。

がんの放射線治療のメリット・デメリット

がんの放射線治療のメリット

放射線治療のメリットは次のようなものが挙げられます。

  1. 多くの場合は病院に通いながら治療することが可能です。
  2. 手術と同じようにがん細胞に直接働きかける治療ですが、手術と比較すると体への負担が軽減されます。
  3. 抗がん剤治療などとは違い、局所に働くため他の臓器を傷つけることを避けることができます。

がんの放射線治療のデメリット

放射線治療のデメリットは、次のようなものが挙げられます。

  1. 副作用リスクがあります。治療後すぐに現われる急性の放射線障害と、半年から1年以上経過してからの遅発性の放射線障害です。
  2. 正常細胞やがんの周囲にある細胞もダメージを受ける可能性があります。正常細胞は自己修復の機能が備わっているものの、被爆によってその機能が損傷しがん化する可能性があります。

がんの放射線治療の副作用

放射線治療の副作用は主に照射された部位で起こることが多く、副作用は抗がん剤治療のときに起こる副作用と似ています。具体的には、「だるさや疲れやすい」、「食欲が減る」、「吐き気や下痢の症状が現れる」、「照射した部位の皮膚が赤くなるなどの皮膚トラブル」、「脱毛」などがあります。

副作用が現れる時期としては、治療中や治療が終わってすぐの場合もあれば、半年など時間が経ってから現れる場合もあります。

がんの放射線治療の費用

放射線治療を行う照射方法として、「外部照射」と「内部照射」があります。体の外側から治療をアプローチするのか、または体の中でアプローチを行うのかに分けられます。照射方法にもよって費用は異なりますが、一般的に1回の照射あたり1万円~2万円程度を30回繰り返します。

放射線治療の効果を高めるほかの治療法は?

りんくうメディカルクリニックの小村泰雄院長の見解をまとめています。

小村先生

小村泰雄院長

引用元:りんくうメディカルクリニック公式HP(https://rinku-medical-clinic.com/about/)

放射線の感受性を高める遺伝子治療

放射線量が一定量を超えると、二次がんリスクが高まります。何度も繰り返しできないのが、放射線治療のデメリットです。
放射線治療の効果を1回で最大限に引き出すには、遺伝子治療がひとつの手です。遺伝子治療は目に見えないレベルのマイクロ転移やストレスに強いがん細胞などにも働き、放射線の感受性を高める効果があります。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニックの紹介

りんくうメディカルクリニックは、がんの早期発見・予防・再発防止・治療に取り組む統合医療を提供しています。

遺伝子治療の種類
  • 遺伝子治療
  • 光がん免疫療法
  • NK細胞療法
  • 遺伝子予防(点滴)
  • がん遺伝子検査
遺伝子治療の種類
  • TEL:0724-24-0024
  • 所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-41 メディカルりんくうポート2F
  • アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」より徒歩約5分

公式HPで治療の詳細を見る

遺伝子治療研究会に所属する他のクリニック

リバーシティクリニック東京

南川先生

南川里抄院長

引用元:リバーシティクリニック東京公式HP(https://rivercity-clinic.jp/dr/)

リバーシティクリニック東京について

公式HPで治療の詳細を見る

リバーシティクリニック東京は予防医療にも力を入れており、予防医療の観点からがん治療・点滴療法・各種検査を取り扱う統合医療センターを設置しています。

TEL:
03-6219-7771、0120-474-770
所在地:
東京都中央区佃1-11-8 リバーシティ21 ピアウエストスクエア2F
アクセス:
東京メトロ有楽町線・大江戸線「月島駅」より徒歩7分