遺伝子治療のすべて » 遺伝子治療を行なうクリニック紹介 » 京都御池メディカルクリニック

京都御池メディカルクリニック

がん遺伝子治療をはじめとした先端的ながん治療を手がける、京都御池メディカルクリニックの特徴や口コミについてまとめました。

京都御池メディカルクリニックの特徴

「少ない副作用で高い効果」という新たな選択肢を目指す

京都御池メディカルクリニックでは、がん予防遺伝子を用いた「がん遺伝子治療」や医療用レーザーを用いた「がん光免疫療法」など、新しいがん治療を積極的に導入しています。いずれも従来のがん治療より副作用が少なく、闘病中の生活の質を保つことで患者さんが自分らしい生活を送れるようサポートします。

従来のがん治療との併用も可能

がん患者さんの中には、手術や抗がん剤治療を受けたあとで新しい治療法を探していたり、がんが再発・転移して悩んでいたりする方も多いでしょう。京都御池メディカルクリニックのがん治療は、標準治療だけではうまく効果が得られていない患者さんにも提供している治療です。

がんの標準治療を受けている最中であっても、相乗効果を期待できる治療法として併用できるのです。

予防医療はがん発症・がん再発の予防まで

細胞レベルからアプローチする先端的な医療によって、生活習慣病とそれにともなうさまざまな病気のリスクの軽減に取り組んでいます。すでに生活習慣病で治療を受けている患者さんに対しても、薬の減量や治療終了を目指してアプローチします。

がん治療においては、腫瘍になる前の小さながん細胞が発見された人や以前がんで治療を受けたことがある人、がん発症リスクを軽減したい人に向けての予防医療を提供しています。

京都御池メディカルクリニックの治療の費用

初診料

治療費

京都御池メディカルクリニックの口コミ

京都御池メディカルクリニックの口コミは見つかりませんでした。

京都御池メディカルクリニックの遺伝子治療

遺伝子治療の特徴

がん遺伝子治療とは、患者さん一人ひとりのがんの種類に合ったがん抑制遺伝子を投与し、失われたがん抑制機能を回復させる治療です。

本来、人間の細胞にはがん細胞が発生するのを抑制する機能が備わっています。この機能のおかげで、もし細胞に異常が発生してもがん化が防がれて身体は守られるのです。この機能を持つ遺伝子をがん抑制遺伝子と呼びますが、これが壊れてしまうとがん細胞の発生を防ぐことができなくなります。

そこで、がん抑制機能を回復させるために正常ながん抑制遺伝子を投与し、がん細胞の増殖を止めて死滅させようとするのがこの治療の仕組みです。

もともと人間の身体に備わっている機能に基づいた治療なので、副作用が少なく身体に優しい治療だと考えられています。ほかのがん治療と併用することで互いの効果を高めることも期待でき、普段の生活を送りながら通院で治療することも可能です。

「遺伝子」というキーワードから体質などへの影響を心配されるかもしれませんが、この治療は細胞に特定の遺伝子の断片を導入することでがん細胞の発生抑制を図るものです。治療を受けても次世代に影響することはありませんのでご安心ください。

適応するがんの種類

がん遺伝子治療は脳腫瘍や一部の特殊ながん、小児がんをのぞき、ほとんどすべてのがんに適応があります。

京都御池メディカルクリニックでがん遺伝子治療を受けているのは、以下のような患者さんです。

  • 副作用が少ないがん治療を希望している患者さん
  • 末期がんの患者さん、難治性がんの患者さん
  • 抗がん剤治療や放射線治療との併用を検討している患者さん
  • 多くのがんに適応があるとはいえ、がんの進行の具合や全身状態、持病などによっては適応とならないケースもあります。詳しくはクリニックの医師に相談してみましょう。

    リスク・副作用

    がん遺伝子治療は点滴で薬剤を投与するので、注射針を刺した際に皮下血腫や神経損傷などの合併症を起こすことがまれにあります。また、治療後に悪寒戦慄(身体がガタガタ震えるほど激しい寒気)などを起こす可能性もあります。

    がん遺伝子治療は、すべてのがんの根治につながるものではありません。

    京都御池メディカルクリニックのその他のがん治療

    がん光免疫療法

    光をあてることでがん細胞を破壊し、それによって免疫細胞を活性化するという2つの効果を持つ新しいがん治療法、それが「がん光免疫療法」です。

    治療には光感作物質と低出力レーザーを使用します。光感作物質とは、レーザー光をあてると周囲にエネルギーを放出する色素で、がん細胞にのみ蓄積する脂質の膜に包んでごく小さく加工します。これを点滴で投与し、がん細胞にレーザー光をあてると光感作物質が反応してがん細胞が破壊されるのです。

    さらに、破壊されたがん細胞の破片を免疫細胞が認識することで活性化し、レーザー光をあてた部位から離れているがん細胞にも攻撃を行ないます。

    このように、一度の治療で長期間の効果が期待できるのもがん光免疫療法の特徴です。

    適応するがんの種類

    レーザー光が届くのであれば、ほとんどのがんが光免疫療法の適応になります。レーザーは体外からはもちろん、0.5ミリのファイバーを使って静脈内や組織内、関節内からも照射でき、がん組織に多方向から集中してレーザー光をあてられます。

    しかし、脳腫瘍や骨腫瘍などレーザー光が届きにくいがんは適応になりません。詳しくはクリニックにお問い合わせください。

    高濃度ビタミンC治療

    多量のビタミンCを投与することで、抗がん剤治療と同じくがん細胞の死滅を図る治療法です。

    血液中に投与されたビタミンCは強い抗酸化作用を発揮し、同時に大量の過酸化水素を発生させます。正常な細胞はカタラーゼという酵素を持っているため過酸化水素を中和させることができますが、多くのがん細胞はカタラーゼを持っていないので死滅するというメカニズムです。

    余分なビタミンCは尿で体外に排出されるため、大量に投与しても抗がん剤のような副作用はありません。もちろん、化学療法や放射線治療と併用することも可能です。

    適応するがんの種類

    高濃度ビタミンC治療は、抗がん剤のような薬剤ではないのでがんの種類を選ばず受けることができるとされます。

    京都御池メディカルクリニックの概要

    院内の雰囲気

    受付

    引用元:京都御池メディカルクリニック
    https://kyoto.krg.or.jp/about/

    カウンセリングルーム

    引用元:京都御池メディカルクリニック
    https://kyoto.krg.or.jp/about/

    点滴室

    引用元:京都御池メディカルクリニック
    https://kyoto.krg.or.jp/about/

    個室1

    引用元:京都御池メディカルクリニック
    https://kyoto.krg.or.jp/about/

    京都御池メディカルクリニックを訪れた患者さんが感じるのは、何といっても院内の明るさと開放感。各室に設えられた大きな窓から差し込む光が、そこにいるだけで身体に元気を与えてくれるようです。京都の魅力を代表する東山を一望できる大きな窓からは、清水寺や大文字、八坂神社といった名所の四季折々の変化を見渡すことができます。

    何よりも患者さんがリラックスできる環境を目指してデザインされた院内は、モダンでおしゃれな雰囲気ながら、ところどころに散りばめられた和のコンセプトに注目。クリーンルーム以外は檜や栗、石、しっくい、ウールカーペットなど自然素材が惜しみなく使われ、建材に石油製品を極力使用しないこだわりが見て取れます。部屋ごとに和紙の色や張り方に変化が見られ、何度も通院する患者さんでもクリニックを訪れるたびに新たな発見に気づくでしょう。病室やカウンセリングルームなど、長時間を過ごすスペースを窓側に配置し、明るさと眺望を確保しているのも細やかな気づかいのひとつです。

    市街地の喧騒から一転した、和みと安らぎの空間を提供する京都御池メディカルクリニック。治療のために来院した患者さんが思いがけず京都の美しい風景を目にして、心身ともに癒されることがクリニックの願いです。

    京都御池メディカルクリニックの医師情報

    院長 村西寛実

    高齢化社会の進行にともなうがんや生活習慣病、認知症の増加に警鐘を鳴らし、健康寿命の延伸が最重要課題だと考える村西寛実医師。身体や心を健康に保ち、充実した人生を送ってもらいたい、そんな願いのもと開院されたのが京都御池メディカルクリニックです。

    予防を含むがん医療をはじめ、先端的な検査と技術を駆使した生活習慣病対策、美容医療など、患者さんの「たった一度の人生」を大切にした治療を提供します。

    経歴

    資格

    公式HPで治療の詳細を見る

    電話で問い合わせる
    (075-252-5252)

    遺伝子治療を行う
    クリニック一覧を見る