遺伝子治療のすべて » 親が癌、辛い姿を解消するには

親が癌、辛い姿を解消するには

親ががんになり辛そうにしている姿を解消するためには家族はどのように対応すべきなのか、そして抗がん剤治療などについて解説しています。

抗がん剤治療が辛そう、そんなときは

抗がん剤は副作用を伴い、 吐き気やおう吐、食欲不振などを引き起こします。そもそもなぜ、副作用が起こるのかとともに、親や身内の方が抗がん剤治療で苦しんでいる場合にはどうしたらいいかまとめています。

手術できないと告げられた、そんなときは

がんのステージによっては転移が認められ、手術では助からない段階があります。ステージの分類はどのように定義されているのかとともに、がんの再発や転移を告げられたときに側にいるご家族が心がけたいことを解説しています。

がんの痛みが辛そう、そんなときは

がんの治療中などに痛みが出た場合には、どうしたら良いでしょうか。対処法をお伝えいたします。また、痛みを和らげる鎮痛薬はどのような種類があるのか、緩和ケアの定義についてなども解説しています。

末期がんで余命宣告されたときは

末期がんで余命を宣告されたときに患者様やそのご家族がとるべき行動、患者様への対応の仕方を解説しています。余命宣告をするときに医師が参考にしている数値は統計の中央値であることをご存知でしょうか。

がんの再発予防がしたいときは

がんの再発率は、たとえば大腸がんでリンパ節転移のある場合は30.8%にものぼります。再発の確率は決して低くありません。再発予防を目的とした食事や治療方法についてまとめています。

参照元:がんプラス(https://cancer.qlife.jp/colon/colon_feature/article489.html)

遺伝子治療を行う
クリニック一覧を見る