遺伝子治療のすべて » 親が癌、辛い姿を解消するには » 末期がんで余命宣告されたときは

末期がんで余命宣告されたときは

余命はあくまでも統計の中央値

医師から「余命宣告」を受けたときに患者様自身はもとより、ご家族がショックを受け動揺するのは言うまでもありません。自分の余命が気になり医師に尋ねてみたものの、いざ余命を告げられると気持ちが落ち着くというわけでもないでしょう。

そもそも「余命宣告」とは、これからどのくらいの期間生きることができるかを医師が患者様に伝えることを言います。医師が余命を宣告するときに参考にする数値は、あくまでも全余命期間での中央値にしかすぎません。そのため、余命1年と宣告された方が、数年生きる方もいらっしゃるのです。あくまでも余命宣告は中央値であって、正確に予想することは困難なものです。

家族が余命宣告されたら

余命宣告を受けた場合には、そのご家族はどのように行動しどのように対応することを心がけるのがいいのでしょうか。第一に可能な限り慌てることなく、そして勝手に判断せずに医師の勧めに従って治療を続けることです。

次に、化学治療や放射線治療によって患者自身が心身的な苦痛を受けているのであれば、医師に相談し治療を中断するなど患者様自身の希望を汲みながら余生の過ごし方を選択することです。

医師は患者様の健康状態や年齢や体力などを鑑みながら、余命宣告後の治療方針を立てます。ご家族は医師の治療方針を聞きながら合わせて、患者様自身の希望とともに、場合によっては在宅医療や緩和ケアなど患者が余生を安らかに過ごすことができるよう手助けする必要があります。

がんが治る可能性は

がんのステージのなかでもっとも進行が進んでいる段階を示すステージIVの5年生存率は、全がんを平均すると約16%と低いですが、加齢によるものなどの年齢との関係性を取り除いたがんの死亡率は1995年をピークに低下しています。

このことから、5年生存率は必ずしも全ての世代に当てはまるものではないということができるでしょう。

参照元:免疫療法コンシェルジュ(https://wellbeinglink.com/treatment-map/stage4/)、がん情報サービス(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/annual.html)

末期がんから生還するためにできること

末期のがんと診断された場合でも、回復する方や健常者のように元気に生活する方もいらっしゃいます。かつては「がん=死」のイメージが強く、不安や恐怖の原因となりましたが、そのイメージは思い込みであると認識することから精神面でのがんを克服する最初の一歩となります。

「がんを治すこと」を人生の目標に掲げると、人生の大半が治療に占領されることになりますが、がんを克服した後の自分の姿をイメージし、何をしたいか目標を立てることも大切になってきます。

がんに罹患し、余命を宣告されたからといって負の思いや感情に支配されることなく、将来へのエネルギーに転換することが末期がんから生還するために重要になるでしょう。

末期がんでも効果が見込める方法とは?

りんくうメディカルクリニックの小村泰雄院長の見解をまとめています。

小村先生

小村泰雄院長

引用元:りんくうメディカルクリニック公式HP(https://rinku-medical-clinic.com/about/)

回復が期待できる遺伝子治療

末期がんになると、抗がん剤治療の目的は少しでも長く延命させることになります。しかし、いまはさまざまな治療法があり、末期がんの患者様にも希望をもたらす治療法が遺伝子治療です。
がん抑制遺伝子を注入してがんを排除する機能を元に戻す手法で、標準治療だけでは治療効果の望めない進行がんにも効果が見込め、副作用リスクが少ないのもメリット。進行ガンからの回復が期待できる治療と言えます。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニックの紹介

りんくうメディカルクリニックは、がんの早期発見・予防・再発防止・治療に取り組む統合医療を提供しています。

遺伝子治療の種類
  • 遺伝子治療
  • 光がん免疫療法
  • NK細胞療法
  • 遺伝子予防(点滴)
  • がん遺伝子検査
遺伝子治療の種類
  • TEL:0724-24-0024
  • 所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-41 メディカルりんくうポート2F
  • アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」より徒歩約5分

公式HPで治療の詳細を見る

遺伝子治療研究会に所属する他のクリニック

リバーシティクリニック東京

南川先生

南川里抄院長

引用元:リバーシティクリニック東京公式HP(https://rivercity-clinic.jp/dr/)

リバーシティクリニック東京について

公式HPで治療の詳細を見る

リバーシティクリニック東京は予防医療にも力を入れており、予防医療の観点からがん治療・点滴療法・各種検査を取り扱う統合医療センターを設置しています。

TEL:
03-6219-7771、0120-474-770
所在地:
東京都中央区佃1-11-8 リバーシティ21 ピアウエストスクエア2F
アクセス:
東京メトロ有楽町線・大江戸線「月島駅」より徒歩7分