遺伝子治療のすべて » 親が癌、辛い姿を解消するには » がんの痛みが辛そう、そんなときは

がんの痛みが辛そう、そんなときは

がんの痛みが出たら

がんによる痛みは、よく見られる症状です。「痛みが生じると、もしかしてがんが進行しているのだろうか?」と心配になるかもしれませんが、がん以外の原因によって痛みが生じることがあります。

痛みの原因はがん細胞によるものが多いのですが、それ以外にも手術や薬物療法などのがんの治療に伴って痛みが起こることもあります。ときにはがん以外の病気による痛みが起こることもあります。

がんの場合以外でも痛みを感じるとその痛みが気になり、日常生活に支障が出るようになってしまいます。痛みは我慢せずに担当の医師に伝えることが重要です。どの程度痛むのか、そしてどこが痛むのかは患者自身しかわかりませんが、周りの人が患者様の痛みをわかろうと思うこと自体が患者様の支えになるのです。

がんの鎮痛薬について

世界保健機関であるWHOは、痛みの強さを3段階に分けて鎮痛薬の活用方法を表明しています。具体的には下記のような鎮痛剤を段階的に使用します。

  1. 弱い痛みには、解熱鎮痛薬
  2. 弱い痛みから中程度の痛みには、コデインやトラマドール
  3. 中程度から強い痛みには、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなどの鎮痛剤

これらの鎮痛剤は薬物療法と呼ばれ、痛みによって睡眠が妨げられないようにすることを第一の目的として投与されます。

自宅でできる緩和ケアもある

緩和ケアは最近メディアなどで注目されることも増えましたが、どのようなケアを緩和ケアと呼ぶのでしょうか。世界保健機関であるWHOは次のように緩和ケアを定義しています。

「緩和ケアとは、生命の危機に直面している患者とその家族に対して、痛みや心身の問題などを早い段階で把握し、適切な評価と治療によって、苦しさや痛みの予防や緩和を行うことで、生活の質の改善を図ること。」

これまでの緩和ケアに関する考え方は、がん治療を行っていた患者様に対して治療の効果が見込めなくなった場合に、その次の段階として行われていました。しかし、がん治療と緩和ケアの関係が変わって緩和ケアはがんと診断されたときから治療と合わせて行われるべきであるという考えが広がっています。

患者様は緩和ケアを受ける場所を病状や家庭の状況によって病院、自宅、緩和ケア病棟などの療養場所を移動することによって、適切な緩和ケアを受けることが可能となっています。

鎮痛薬以外で痛みを緩和するには?

りんくうメディカルクリニックの小村泰雄院長の見解をまとめています。

小村先生

小村泰雄院長

引用元:りんくうメディカルクリニック公式HP(https://rinku-medical-clinic.com/about/)

遺伝子治療が転移や小さな腫瘍に対抗する手段

がんの終末期になると、骨転移や神経障害性疼痛などの激しい痛みを感じる人は少なくありません。
副作用から起こる痛みもあり、副作用がほとんどない治療という意味で目を向けてほしいのが遺伝子治療です。
がんは遺伝子が壊れる病気ですが、遺伝子治療はがんを排除する元々の機能の正常化を目指し、がん抑制遺伝子を注入する手法です。身体への負担が少なく、全身に転移したがん細胞の進行を抑えたり、小さな腫瘍を消失させる力があります。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニックの紹介

りんくうメディカルクリニックは、がんの早期発見・予防・再発防止・治療に取り組む統合医療を提供しています。

遺伝子治療の種類
  • 遺伝子治療
  • 光がん免疫療法
  • NK細胞療法
  • 遺伝子予防(点滴)
  • がん遺伝子検査
遺伝子治療の種類
  • TEL:0724-24-0024
  • 所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-41 メディカルりんくうポート2F
  • アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」より徒歩約5分

公式HPで治療の詳細を見る

遺伝子治療研究会に所属する他のクリニック

リバーシティクリニック東京

南川先生

南川里抄院長

引用元:リバーシティクリニック東京公式HP(https://rivercity-clinic.jp/dr/)

リバーシティクリニック東京について

公式HPで治療の詳細を見る

リバーシティクリニック東京は予防医療にも力を入れており、予防医療の観点からがん治療・点滴療法・各種検査を取り扱う統合医療センターを設置しています。

TEL:
03-6219-7771、0120-474-770
所在地:
東京都中央区佃1-11-8 リバーシティ21 ピアウエストスクエア2F
アクセス:
東京メトロ有楽町線・大江戸線「月島駅」より徒歩7分