遺伝子治療のすべて » 親が癌、辛い姿を解消するには » がんの再発予防がしたいときは

がんの再発予防がしたいときは

がん再発の主な要因

がんの「再発」とは、手術でがん細胞を取り除いたようにみえても目視できないほどの小さながんが残っていて、その小さながんが大きくなってしまうことや、抗がん剤治療や放射線治療により一度小さくなったがんが、ふたたび大きくなってしまったり、別の場所にがんが現れることを言います。

加えて、がん細胞が当初の発生場所から血管やリンパ節に入り込み、血液やリンパ液を介して別の部位に移動し、そこでがん細胞が増殖する「転移」の状態も「再発」に含まれます。

がんの再発を予防する方法

がんの治療をし、再発することなく完治するための予防法はなにがあるのでしょうか。まず、手術などで完全にがん細胞を取りきったように見えても、体内には目視できない小さながんが残っている可能性があることを知っておく必要があります。

再発予防のために効果が見込めると言われているのが「術後補助療法」です。全身療法である「術後化学療法」、「ホルモン療法」が検討されます。

再発した場合のリスクを軽減するために、まずは主治医の指示に従って定期的な検査を受けることが必要です。たとえ再発が確認された場合でも、早期発見となれば対処がしやすい場合があります。

がん再発予防に効果的な食事

がんの再発予防には食事が重要となります。がんの再発予防に効果が見込める食事として注目されているのが、「低脂肪食」です。

野菜や大豆は、体内への抗酸化作用や肝臓の解毒機能を高めることができます。その結果として、がんができにくくなるような抗腫瘍作用があると言われています。

がんは免疫機構と関係が強いので、ご自身の免疫力を高めることが大切になります。野菜や果物を多く摂取し、バランスの良い食事による抵抗力や免疫力アップを心がけることが望ましいと考えられています。

がん再発に最適な治療法は?

りんくうメディカルクリニックの小村泰雄院長の見解をまとめています。

小村先生

小村泰雄院長

引用元:りんくうメディカルクリニック公式HP(https://rinku-medical-clinic.com/about/)

標準療法と遺伝子治療の組み合わせ

がんが再発した場合にも、がん治療は「薬物療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」「手術(外科治療)」「緩和ケア」が行なわれます。
それら標準療法との組み合わせで注目されているのが、遺伝子治療です。がん抑制遺伝子を注入して増殖にストップをかけるもので、結果的に抗がん剤や放射線に対する耐性もつきにくくなります。

公式HPで治療の詳細を見る

クリニックの紹介

りんくうメディカルクリニックは、がんの早期発見・予防・再発防止・治療に取り組む統合医療を提供しています。

遺伝子治療の種類
  • 遺伝子治療
  • 光がん免疫療法
  • NK細胞療法
  • 遺伝子予防(点滴)
  • がん遺伝子検査
遺伝子治療の種類
  • TEL:0724-24-0024
  • 所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-41 メディカルりんくうポート2F
  • アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」より徒歩約5分

公式HPで治療の詳細を見る

遺伝子治療研究会に所属する他のクリニック

リバーシティクリニック東京

南川先生

南川里抄院長

引用元:リバーシティクリニック東京公式HP(https://rivercity-clinic.jp/dr/)

リバーシティクリニック東京について

公式HPで治療の詳細を見る

リバーシティクリニック東京は予防医療にも力を入れており、予防医療の観点からがん治療・点滴療法・各種検査を取り扱う統合医療センターを設置しています。

TEL:
03-6219-7771、0120-474-770
所在地:
東京都中央区佃1-11-8 リバーシティ21 ピアウエストスクエア2F
アクセス:
東京メトロ有楽町線・大江戸線「月島駅」より徒歩7分